初めてのFX

初めてのFXを利用したときのことをお話します。

FXを始めようと思った理由は、社会人になり2年目に入ったころに副業などに興味が出始めてのがきっかけでインターネットで調べたときに沢山の情報の中で手軽に初期投資も安く始められるFXに興味もち始めました。

わかる方から紹介をしてもらい、ネットバンクを開設してすぐに利用しました。初期投資自体も5万円ほどでやったので、それほど成果がでませんでしたが、一カ月で倍になり、ちょっと満足しました。

結局、マメにチェックしないといけなかったので、2ヶ月ほどでやめてしまいました。多少のリスクがあっても、短期間で成果を出したい方にはオススメです。

インターネットなどの沢山の情報がある中で自分いいと思ったやり方で始めるといいと思います。

「これだ」と思うFX業者のサイトにアクセスし、詳細情報を確認してください。今のあなたにぴったり合うFX業者を選んで、口座を開設しましょう。
参考:FX初心者向けの比較サイト

FX自体は、株などと一緒の投資になるので、投資額は、自分の余裕のあるお金で始めないと借金などで問題になってしまうので注意をしてFXを楽しむといいと思います。

FXで勝てるのは業者

儲かる儲かると勧誘しておいて、儲かるのはFX業者だけです。アフィリエイトとかさせておいて、勝手に売り込みしてくれるし、業者が一番儲かります。

会員を集めれば集めるほど、次から次へと入金してくれるし、スプレッドでピンハネして収益にできます。会員が勝とうが負けようが両方からお金が入るから、どうぞ取引して、儲かるよーといって文句をいったら会員取り消しが可能です。

システムさえ構築して提供することができれば、あとは自動の金融システムが勝手に起動します。相場を大きく動かしてくれるヘッジファンドのおかげで、ロスカットで退場していくトレーダーがたくさんいて、現実でお金を稼いだらまた戻ってきてくれます。

ぶんぶん相場を振り回して、ちょっとは勝たせるが、基本的に負けさすようにレートを動かして、うわーっと思わせて損失を何度も出させます。
そうすると悔しいから、負けてもまたやってきます。パチンコと同じで、業者の手で操られているだけにすぎないのです。

初心者はオーバートレードを避けるためにも投資手法を確立しよう

初心者が陥りがちな罠、それはオーバートレードです。しっかりとした手法をもたない初心者はとにかくあらゆる場面で売買してしまうものです。今このときこの相場に参戦しなければ儲けそこねてしまうかもしれない。そんな焦慮に駆られ、ちょっとした値動きにも慌てふためき、考えなしの売買を繰り返してしまうのです。そして、積み上がるは損失の山…。

あらゆる局面がチャンスと見えるのは錯覚にすぎません。相場は毎日変動しています。今このときこの相場だけが特別な相場というわけではありません。相場は今後も存在しつづけるのだから、今よりもっと良いチャンスが訪れる、そう考えるべきなのです。目先の値動きに反応せず、チャンスをじっくり待つこと。これはFXにおいて、とても大切な態度です。

そのためにも、自分なりの投資手法を練りあげましょう。良い手法を持つと、今まで見たことがなかった角度から相場に向き合うことが可能になります。いかなる条件下でトレードに入り、手仕舞うのかを正確に理解していれば、むやみやたらにポジションをとることもなくなります。オーバートレードに悩んでいる人は、自分の手法を再検討してみてはいかがでしょうか。

法人口座で取引デビュー

私はFXを5年ほどやっています。現在の個人口座では証拠金の25倍までしか取引することができません。

法人口座では400倍まで取引ができるようなので法人口座を作ることにしました。法人口座を作るには法人、俗に言う会社を設立しなければなりません。
書類関係が面倒でしたが何とか法人を作ることができました。資本金は100万円です。その口座を使い、私が取った取引スタイルはスキャルピングです。

スキャルピングとはデイトレードよりも早くエントリーとイグジットをするというような取引です。私は5年程キャリアがありますがロールオーバーのような持越しをすると必ず窓が開いてしまうのでスキャルピングの取引スタイルに自然となりました。他の方はどうかわかりませんがスキャルピングは儲かります。ただし、時給計算の結果論です。年単位でみたらスイングトレードや超長期投資が儲かるのはいうまでもありません。

スキャルピングの良いとことは指標や情報に左右されることなく、瞬間ごとの取引のためパチンコのハネモノに似ていると思っています。

オーストラリアと中国の関係性

オーストラリアの通貨は、高スワップという点や金利も高い事から日本人に人気があります。
しかし日本人は金利が高い、分配金が多いという点にばかり着目していて本当にオーストラリアなど自分たちが取引している通貨について勉強しているかは疑問です。オーストラリアは中国経済との結びつきが強く、中国の動きに左右される事が多いです。

中国の経済指標によってオーストラリアドルは多く買われたり売られたりしているのです。さらに最近では「オーストラリアドルは高すぎる」との発言によって国の政策として全体的にオーストラリアドルは売られやすくなっている状態です。

単純にスワップや金利に頼っていると大きな損失を被る事になるので、必ずオーストラリア経済と関係する国々について確認してから取引をする事が大切だと思います。

最近はオーストラリアの不動産を中国人がたくさん購入していると言います。こうした動きが果たしてオーストラリアの経済にどのような効果をもたらすのか注目しています。

FXはユーロ円が短期取引で稼げて良い感じ

為替は市場が巨大だから意図して動かすのが他のどの投資よりも難しいと思いますし、板がなくても公平性は株よりも高くて不自然な動きに翻弄されることは少ないみたいなので、今はFX一本に絞って投資をするようになり資産が緩やかな右肩上がりになってきました。

始めたころは情報がたくさん入ってきて分析しやすそうなドル円ばかりやっていましたが、私の性格だとポジションを長く持ち続けると為替の動きが気になってしょうがないので、すぐに決済を終わらせて成果を得られるスキャルピングでFXをするためにクロス円を見ています。

その中でもユーロ円の動きがいい感じのボラティリティでスキャルピングしやすく、レンジ取引の王道の手法を使いながら勝率をそこそこ保てているからわりと良い調子かもしれません。

ただ、米ドルと対になる通貨ペアよりも色々な国の影響を受けやすいような気がするから、ちょっとした乱高下でたまに刈られるのがユーロ円の難しい点だと感じます。

FX初心者に向いている取り引きとは

FX取り引きには数分で取り引きを終わらせるスキャルピング、1日で終わらせるデイトレードや数日保有して決済するスイングトレード等がありますが、初心者の人に向いているのはデイトレードだとよく言われています。

FX取り引きするにあたり、ほとんどの人はチャートを見てトレードすると思います。同じチャートでも、1分足・5分足・30分足・1時間足・日足・週足等があります。短い時間足ほど「今現在」の方向性を表しており、長くなるほど大きな流れがわかります。例えば、日足では上昇トレンドに見えても、5分単位で見た時には下降トレンドかもしれません。

しかし、それは上げ下げを繰り返しながら上昇して行くなかの一時の下げにほかなりません。

なので、短い時間足を見て行うスキャルピングは、1日に何度もトレードチャンスがある反面、「だまし」等も多く上級者向けと言われます。逆に日足・週足のように長い時間足を見た場合の方向性は信憑性が高いので勝率は高くなると思います。ここら辺がデイトレードが初心者向けと言われる一因だと思います。

FXを楽しむことためには

最近では気軽に始めることができると人気の投資にFXというものがあります。
FXは誰でも気軽に始めることができるだけでなく、少い金額から始めることができる投資でもあるので、家事の合間をいかして主婦の方でも利用しているかたが多いといわれている投資のひとつとなっています。

FXとは、簡単にいうと、日本のお金を外国のお金に変えることで、タイミングがよければ日本円と外国のお金との差額を利益として得ることができるという仕組みの投資となっているので、投資に関する知識の少いかたでも楽しむことができるという所にも、人気の理由があります。

しかし、比較的簡単なルールの投資とはいわれていますが、投資には必ずリスクというものが存在するため、タイミングや判断を間違えてしまうと、多額の損失を生み出してしまうこともあるため、知識が少いかたや経験が少いかたであれば、高額な費用を投資せずに、利用すれば十分に投資をたのしむことができます。