FXはユーロ円が短期取引で稼げて良い感じ

為替は市場が巨大だから意図して動かすのが他のどの投資よりも難しいと思いますし、板がなくても公平性は株よりも高くて不自然な動きに翻弄されることは少ないみたいなので、今はFX一本に絞って投資をするようになり資産が緩やかな右肩上がりになってきました。

始めたころは情報がたくさん入ってきて分析しやすそうなドル円ばかりやっていましたが、私の性格だとポジションを長く持ち続けると為替の動きが気になってしょうがないので、すぐに決済を終わらせて成果を得られるスキャルピングでFXをするためにクロス円を見ています。

その中でもユーロ円の動きがいい感じのボラティリティでスキャルピングしやすく、レンジ取引の王道の手法を使いながら勝率をそこそこ保てているからわりと良い調子かもしれません。

ただ、米ドルと対になる通貨ペアよりも色々な国の影響を受けやすいような気がするから、ちょっとした乱高下でたまに刈られるのがユーロ円の難しい点だと感じます。

FX初心者に向いている取り引きとは

FX取り引きには数分で取り引きを終わらせるスキャルピング、1日で終わらせるデイトレードや数日保有して決済するスイングトレード等がありますが、初心者の人に向いているのはデイトレードだとよく言われています。

FX取り引きするにあたり、ほとんどの人はチャートを見てトレードすると思います。同じチャートでも、1分足・5分足・30分足・1時間足・日足・週足等があります。短い時間足ほど「今現在」の方向性を表しており、長くなるほど大きな流れがわかります。例えば、日足では上昇トレンドに見えても、5分単位で見た時には下降トレンドかもしれません。

しかし、それは上げ下げを繰り返しながら上昇して行くなかの一時の下げにほかなりません。

なので、短い時間足を見て行うスキャルピングは、1日に何度もトレードチャンスがある反面、「だまし」等も多く上級者向けと言われます。逆に日足・週足のように長い時間足を見た場合の方向性は信憑性が高いので勝率は高くなると思います。ここら辺がデイトレードが初心者向けと言われる一因だと思います。